美濃加茂市の土木・舗装工事を請け負う会社です!!このブログでは友進道路のスタッフが、友進道路の活動や友進道路で働く人を紹介しています!!会社HPはこちら→http://yuusin-d.com


by 株式会社 友進道路

クラック調査

皆さんこんにちわ!!
いつも友進なぅを読んで頂き有難うございます!!

今回はクラック調査についてお話しますよ


先日、事務所で作業をしていると
太一お兄さんが突然

「おし、行くぞ!!」

と、何の前触れも無く僕を連れ去るのですが
それはよくある日常なので僕もサッと用意して
太一お兄さんの車に乗り込みます

今日は何をするのかなぁと思っていると
太一お兄さんは言いました

「今日はスケッチだ、スケッチするぞ!!」

スケッチ(´д` )?

友進道路周辺には素敵な景色がたくさんあります
だからどこかで絵でも描くのでしょうか?

移動して間もなく車を止め
ここで今日はお前にスケッチをしてもらう
と、太一お兄さんは言いました

僕の芸術的センスを買ってくれたのでしょうか?
中学の頃は確かに美術の成績は良かったんですが
スケッチなんてした事ないですよwww?

状況が呑み込めない僕は
「何をスケッチするんですか?」と聞くと

クラック調査だ!!

と言い、太一お兄さんが僕に
クラック調査のやり方を伝授してくれました

まずはこちらの写真をご覧ください

e0243485_10152672.jpg


これがクラックです
ボロボロですねぇ~バキバキですねぇ~

古くなった道路を走行した時に
このようになってしまった舗装を見たことありませんか?

クラックとはひび割れの事ですが
カチカチの舗装も年月が経つと
この様にひび割れたり凹んだりします

大型の車が走行したり
雨風に浸食されたりとボロボロになっていきます

ヒビが入ってそのままにしておくと
今度は舗装に穴が空いたりしてしまいます

そうなると必要なのは補修ですよね

穴が空いてしまった舗装には
パッチングと呼ばれる補修を施します

e0243485_10383483.jpg


これがパッチングの跡です

常温合材と呼ばれるものを穴に入れて
それを締固めます

常温合材というのはその名の通り
常温のアスファルト合材

通常のアスファルト合材はとても熱く
その温度は100℃を超えるので
素手で触ったら火傷しちゃう程の高温です

そして熱い内に舗設しなければ
締固める事ができないので

合材のプラントから現場へトラックで運ばれ
アスファルトフィニッシャーに移してまた加熱され
迅速に舗設しなければなりません

しかし常温合材は常温で補修ができる優れもの

袋から取り出して穴に入れて締固めて完了という
誰でもできちゃう様な手軽さなので
パッチングでは常温合材が使われます

e0243485_114710.jpg


少し話がそれてしまいましたが

この様なひび割れやパッチングなどが
道路のどこにどれだけあるのか?

それを調査するのがクラック調査で
対象の道路の現状をよく観察し
その様子を詳細にスケッチするのです

これがスケッチした道路の様子です

e0243485_11244515.jpg


パッチングの部分は四角や丸で囲んで塗ったり
ひび割れは道路を縦断してるのか横断してるのか
色々書き方を変えてスケッチします

これは1箇所目のスケッチで苦戦しましたが
2個所目ではもっとスムーズに分かり易くスケッチできました

普段何気なく走っている道路ですが
スケッチしたりよく観察してみると
色々な事が分かってきます

やっぱりタイヤが通る部分にひび割れ多いなぁ~とか

みなさんも散歩した時にでも
道路をよく観察してみてはいかがでしょうか?

なかなか面白いですよ


今回も最後まで読んで頂き
本当に有難うございます

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

建設・不動産業 ブログランキングへ
[PR]
by yuusinnn | 2013-10-30 08:36 | 工事